12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2008-08-22 (Fri)
8月もあとわずか。
楽しい夏休みも終盤ですね。

私達も少しだけ夏休み気分でプチ旅行してきました。
(今日の記事はかなりロングバージョンですよ~)

行き先は・・・世界遺産にもなった熊野。

kumanoIMGP5997.jpg


熊野本宮大社。日本一の大鳥居でも有名な場所。

toriiIMGP6026.jpg

鳥居には『やたがらす』が。日本神話にも登場する三本脚のからすサン。
日本サッカー協会のシンボルマークにも用いられています。
写真は鳥居より田んぼのかえるが気になるワタクシ(笑)

で、かえるよりも・・・熊野に行ったら「もうで餅」です。

moudemochi画像-018

はったい粉がまぶしてあって、あっさりした甘み

お店の方がどちらから起こしですか?って聞かれたので
関西です。って言ったら
はったい粉って関西でしか通じないんですよ~って。

さあ、もうで餅も食べたので次なる目的地へ

次に向かったのは神倉神社

kamikura2IMGP6043.jpg

源頼朝が寄進したと伝えられている石段、ナント538段
手前のモザイク部分は必死に写真を撮ってるぶざまなワタクシ。
あまりのぶざまっぷりにモザイクかけてます(笑)

こんなに急な石段なんですよ

kamikura3IMGP6047.jpg

この石段を駆け下りるお祭りもあるんですって。
その名も『お燈まつり』
毎年2月6日神倉神社の例大祭として、白装束に荒縄を巻いた2,000人前後の上り子が
松明を手に急な石段を駆け降りる火祭りだとか。
こんな急な石段を駆け下りるなんて・・・あ~コワイ

その石段で微笑むオッサン。あら、マスターですわ。

kamikura画像-026

手にはしっかりと『杖』が・・・(笑)

そのうちね、笑ってられなくなるのよ~
538段も登るんだから

この時点で息切れしているワタクシです。


汗だくになって石段を登り切ると、鳥居があり、その向こうにある
一枚岩の岩盤の上に、数個の巨岩がどっかりと腰を下ろしていました。
その巨岩群が神倉神社の御神体で、ゴトビキ岩というそうです。

kamikura4画像-034
ゴトビキって熊野地方での方言でヒキガエルなんですって。


今日の宿泊予定地は那智勝浦。
ちょっと寄り道してせっかくなので那智の滝も見てきました。

nachiIMGP6058.jpg

とっても駆け足なプチ旅行(笑)いつものことですけどね~

那智勝浦港で見かけたこの遊覧船、イルカ号一世クン。
どうしても乗りたくなって、マスターに乗りたい!!とせがんでみました。

iruka画像-133

日本三景の松島に匹敵する美しさから紀の松島と呼ばれている奇礁奇岩を見に、
イルカ号に乗って出発で~す。

nachi-matsushima画像-118

湾内はおだやかなんだけど、外海は高い波。イルカくんもアップアップでした
まっすぐ立っていられないほどの揺れ
            ・・・・ワタクシは立ってあちこち撮影してはしゃいでおりましたので(笑)

大きな波が来るたびに、イルカくんは転覆しそうです。
マスターは水面に果てしなく浮かんでられるそうですが、ワタクシはかなづち。

マスターって、きっと半漁人だわ。顔も半漁人ぽく見えてきたもん!魚に詳しいし、魚好きやし。
フツウ、泳ぐって言葉になるのに、浮かんでられるって・・・。
と思っていたら、無事に帰港できましたっ。

イルカくんのマブダチ?かめきちクン。(勝手に命名しました)
kamekichi画像-142

イルカくん、かめきちクンと別れてホテルにチェックイン!しました。

続きは・・・また今度
| ひとりごと。 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。